SHT31使用時のI2C通信エラー



  • SHT31のJSパーツライブラリで、コンソール上でコードを実行すると、I2C通信関連のエラーが発生します。
    何か設定が必要なのでしょうか…?

    0_1573356158515_obniz-error.png

    なお、LEDのパーツライブラリは問題なく動作します。

    ObnizOSは最新の2.1.0です。
    よろしくお願いいたします。


  • administrators

    @Inventor-4u さん

    SHT31は設定等は特に必要なく動かすことができます

    動かない要因として考えられるのは

    1. 単純な接触不良がある
    2. SHT31のピン配置が違う(裏表逆に挿しているなど)
    3. SHT31が壊れている
    4. SHT31に必要な出力の電源を供給できていない

    obnizのパーツライブラリに載っているこちらのパーツを使っている場合、
    2, 3 が要因として考えられます。

    一度ご確認いただけないでしょうか。
    特に、このモジュールは壊れやすいようで、一度裏表逆に挿してしまうとすぐ壊れるといったところもあります。


 

Recent Projects

  • @nak435 かしこまりました。よろしくお願いします。

    read more
  • @Yuki-Sato さん、

    外部の3.3vを使うとはいえ普通にvccやgndを供給して問題なくうごくのであれば、弊社での動作確認後Flick Hatのライブラリとして公開できればと思っているのですがいかがでしょう。

    今週末に確認しますので、お待ちください。

    read more
  • @nak435 時間がかかってすいません、

    なんとか3.3vをgndにつないでFlick Largeを動かしたかったのですが、うまく動かすことができなかったです。
    3.3vをgndを繋がずに接続するというのはライブラリで推奨して伝えることは難しいと思ってます。

    Flick LargeでなくFlick Hatの方で、外部の3.3vを使うとはいえ普通にvccやgndを供給して問題なくうごくのであれば、弊社での動作確認後Flick Hatのライブラリとして公開できればと思っているのですがいかがでしょう。

    よろしくお願い致します。

    read more
  • @nak435 ありがとうございます。
    接続は3.3vのgnd以外同じでした。
    エラーはそのせいかもしれませんが、しかし電気的にはgndを繋がない場合3.3vとしてうまく供給できないはずなのでそこが不思議です。

    教えていただいたプログラムの部分を修正して試してみたいと思います。
    また少し時間がかかりそうなのですが、早めに試したいと思います。

    引き続きよろしくお願い致します。

    read more